大衆ソープ店における最近の傾向と現状

大衆ソープ店における最近の傾向と現状

こんにちは。
月収100万円パパ活女子輩出コンサルタントのあすかです。

ここ最近、
ソープ店舗の採用基準がかなり高くなっていいます。


特に大衆店のレベルの底上げが著しく目立ちます

そこで今回は、
ソープ店における最近の傾向と現状
というテーマでお伝えしていきます。


僕は主に東京・神奈川・埼玉エリアでソープ店舗の
ご提案をさせて頂いているのですが、
今年に入って採用基準がかなり厳しくなりました。


昨年は身長−体重で105あれば採用されておりましたが、
今年に入ってからは105でもぽっちゃり扱いをする店舗も増えています。


また身長−体重が100-105の女性は、
大衆ソープにおいてはS着店はほぼ採用が難しいでしょう。


さらには100未満の場合は、
はっきり言って商品価値がほぼないです。


また顔の基準もかなりレベルが高くなってきており、
高級店に通用するかどうかのラインの女性が大衆店にはゴロゴロいます。


この傾向から見る限り、デブとブスは価値がないのです。


誰でも気軽に風俗をはじめられるため、
どんどん女性が業界に参入し人数が増え、
採用基準が上がるので誰でも稼げる時代は終わりかけています。


もしスペック100未満の女性が稼ぐとすれば基本的には

①体型を変える(痩せる)

②ソープなら◯S or ◯Nをする

③業種を変える

のいずれかになると考えております。

 

それくらい体型に
うるさくなってきているのです。


そのため風俗業界で安定して稼ぎたいようであれば、
最低限の基準は満たさないと生き残っていくのは難しいでしょう。

 

今回は以上になります!

最後までお読み頂きありがとうございました!

またお仕事や写メ日記、
その他に関するご依頼やご質問は
下記のラインIDまでご連絡ください!

LINE ID  st.hidaka522